中国支部からのお知らせ

『人は何処から来て、何処へ行くのか』 『私は何のために生まれてきたか』ある人は何気なく。また、ある人はそのテーマに一生を賭けて。しかして、人であるならば、誰もが一度は抱かずにはいられない人類永遠の謎、壮大なテーマ。

I Tの波に呑まれデジタル化し、合理・効率化を競う時代に敢えて「学問」としての“のろし”の基、誰の心にも沸き起こる求めて止まぬそのピュアな問いかけに、恥じらう事なく、衒う事なく正面から取り組んでいける学びの拠点になりたいと中国支部を立ち上げました。スピリチュアリティは、感覚・感性にゆだねるものではありますが、当支部の活動としては、学問としての王道を尊重し、謙虚に学ぶ姿勢を大切に、確かなベースを築きたいと考えています。

プレパーソナルからパーソナルへ。三次元世界に生活する者として自己確立の軸を外すことなくトランスパーソナルを語りたいものです。

『情報が人と世の中を動かしていく』かのジョン万次郎は。かく語り、鎖国の扉を開いていきました。語ることに臆病で、なぜだか心を閉ざす我が国の民、日本人に向けて心の鎖国を開きたい。トランスパーソナルが学問としてのみならず、一つの情報として伝えてゆけるようになれば、世の中の大事な何かが少しずつ動き始めるに違いない。きっと。…そんな想いを巡らせています。トランスパーソナル学会員であることが、ステイタスな時代の来ることを祈りながら、小さな歩みではありますが、しかし確実に、止めることなく進んでいきたいと願っています。