第6回大会 心はどこに向かうのか?

現在のように、社会変化が加速し、社会そのものが安定した構造を保てず、流動化している時代の中で、私達は、これまでの外部の規範や権威に依存する規範依存型の心性を克服し、自らの選択によって自らの人生を創造していく規範選択型あるいは、規範創造型の生き方への変容(ないしは移行)が迫られています。今回の大会では、参加者の皆様との自由な交流の中で、この新しい生き方を模索していきたいと思っています。

■2004年5月29日(土)・30日(日)大会
■2004年5月28日(金) 前夜祭:プレイベント・ワークショップ
■会場 南伊豆国民休暇村

□講演
佐藤初女 (森のイスキア主宰)
白岩紘子 (臨床心理士、ホリスティック心理学研究所主宰)
大高未貴 (生活文化・女性問題研究家)
鈴木規夫 (本学会理事、ケン・ウィルバー研究家)

□オープニングトーク
諸富祥彦 (本学会会長、明治大学助教授、カウンセラー)

□ゲスト
古屋和子 (琵琶ひきがたり)
高橋 実 (舞踏家)

□ワークショップ・交流会
中野民夫 (本学会理事・ワークショップ企画プロデューサー)
伊藤雄二郎
ティム・マクリーン (本学会顧問、C+Fワークショップ代表)

□主催
日本トランスパーソナル学会
大会委員長 菅靖彦(本学会副会長)

□後援
コスモスライブラリー、サングラハ心理学研究所、C+Fワークショップ、心身一体療法研究所、ヒューマンギルド、悩める教師を支える会、JBI日本バランシング協会