日本トランスパーソナル学会主催/パスワーク・ジャパン共催

”私は誰か?”
~心理学的な、そしてスピリチュアルな探求~

今年も開催いたします!パスワークを日本に普及すべく尽力されている「パスワークジャパン」さんとのイベント。パスワークとは「人間の存在全体-身体、感情、マインド、スピリット-を統合していくための療法・実践様式」のこと。そのレクチャーは258。パスワークの教育に携わるには8年必要で、自身の癒しと成長の時間を経て他者の成長と変容のための安定的な器を提供できるまでにトレーニングを受けています。

今回、アメリカからブライアン・オードネルさんをお招きし、「私は誰か?〜心理学的な、そしてスピリチュアルな探求」というテーマで2時間30分という短い時間ですが、パスワークの概念のみならず、体験まで行っていただきます(通訳がつき)。貴重な機会となります。自分自身の「器」や、「スピリット(魂)」に関心のある方はぜひご参加下さい。*同じブライアンさんの2日間セミナーはこちらでも開催されています

 

【講師】ブライアン・オードネル
【日時】2017年9月13日(水)19:00-21:30(開場18:45)
【会場】阿佐ヶ谷地域区民センター 第6集会室(Googleマップ
杉並区阿佐谷南1丁目47番17号
・JR中央線「阿佐ケ谷駅」(南口)徒歩2分
・東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ケ谷駅」徒歩7分
【参加費】

会員 一般
事前支払い(*) 2,000円 3,000円
当日支払い 3,000円 5,000円

*事前支払いの支払期限は、9月11日(月)までに事務局着金した場合です。

【申込】
以下の画面がうまく見えない場合はこちらからお願いします

【講座内容】
”私は誰か?””私はなぜそのような行いをするのか?””なぜ私は苦しむのか?”
これらの問いは伝統的な心理学の内的ワークの核心で問われてきた問いです。

これらの問いかけを探求することは、個人的な成育歴や防衛、欲求や関係性の領域を探求することです。

心理学的なワークの目的は健全な自我を育て、人生の様々な務めの中で機能することができることにあります。

そしてまた、”私は誰か?”という問いは、スピリチュアルな探求の核心でもあり、それでいてこのレベルにおける答えは、心理学的レベルにおけるものと根本的に異なります。この次元においては、自我をゆるめ、より大きな統一次元(ワンネス)の現実に委ねることが強調されます。

これら2つの次元ー心理学的・スピリチュアルな領域ーでの探求は、自己の成長における内的旅においてはどのような様式においても基本となるものです。

パスワークは、私たちの本質を探求するにあたり、この2つの両方の方向性を包含しています。

この2時間30分のワークショップでは、この2つの内的探求の構造を概念的・体験的その両方の方式で深めます。

【講師略歴】ブライアン・オードネル
心理学博士。パスワークのシニア・ヘルパーであると同時に、ミシガン州アン・アーバーで臨床心理士としても活躍している。また、精神力動療法、人間性心理療法、体心セラピーなど幅広い分野を学び、トレーニングを受けてきている。

アメリカを中心にヨーロッパや南米、アジア、そしてイスラエルなど、世界中から講師として招かれ、パスワークの叡智を新しく学ぶ者たち、より深く学びを進める者たち、そして経験を積んだヘルパー達にパスワークの叡智を教え、その素晴らしさを分かち合っている。

余暇にはアスリート、そして瞑想者であり、動と静の両面に深く関わることをこよなく愛している。



【参考文献】