瞑想&山巡礼リトリートのご案内

目的:
•自然豊かな環境で、正しい生活を送り、たくさん瞑想をする。
•日常のしがらみ、悪習慣、とまらない思考や感情、諸々の依存症を断ち、心を浄める。
•身心を静め、妄想・執着・邪見・感情を手放し、サンカーラ(心身の反応・条件付け・うねり[saṅkhāra])から離れ、喜楽を感じる。
•心をよく集中させる(samādhiを味わう)。
•体・心・諸法をよく観察し(vipassanā)、気づき(sati:mindfulness)を保つ。
•ダンマ(法、真理)を学び、理解を深め、観察し、検証する。
•四無量心(慈悲喜捨)と智惠を高め、成長する。

内容:
•瞑想(サマタ瞑想[集中型瞑想]、ヴィパッサナー瞑想各種、具体的には、アーナーパーナサティ、四念処(身受心法を業処)、慈悲の瞑想、歩く瞑想、食べる瞑想、屋外瞑想など)。瞑想のやり方は丁寧にお伝えします。30分程度の瞑想を繰り返します。一日合計約四時間です。
•勤行(初期仏教中心。万教同根習合型)
•法談義&シェアリング(ダンマ・修行法の学習やワーク)
•マインドフルネス山巡礼&法螺貝ワーク

日時:2017年8月11日(金・祝日)14:00~15日(火)10:30(5days)
     *初日正午より入場可。その他の到着・出発は要相談。

会場:法喜楽堂(山梨県南都留郡山中湖村)

定員:2名~10名程度

参加費:45000円(道場宿泊代、食事[朝昼二回の粗食]代含む)
※参加費割引き
  早割:リトリート開始の30日前までにお申し込み完了(40000円)

ファシリテーター:石川勇一(相模女子大学教授、臨床心理士)

ご注意:
 リトリート期間中は、意識を内側に向け続け、
 精妙な意識状態を深めるために、必要事項以外の会話を慎み、
 「聖黙の原則」をお守りいただきます(挨拶も不要)。
 一日二食の粗食と五戒もお守り下さい。
 瞑想を深めるためには正しい生活と規律は不可欠です。
 規律を守り、初めから最後までご参加ください。

主催:法喜楽庵

詳細:法喜楽庵HPへ http://houkiraku.com/

参加申し込み・問い合わせ:参加にはメールでご予約が必要です。
  宛先 yuichi(アットマーク)ahr.sakura.ne.jp (石川)
*参加者の氏名をお知らせ下さい。
*その後、振り込み先をお知らせしますので、参加費をお振り込みください。
*振り込みが確認された時点で、申し込み予約完了といたします。
*予約が完了しましたら、詳しい道順などのお知らせとともに、再度ご連絡いたします。