スリランカの悪魔祓い」 上田紀行  徳間書店

悪魔祓い (講談社プラスアルファ文庫)

12年くらい前、すごくいじけて孤独を感じていた時期にこの本と出会いました。人間が孤独を感じることとはどういうことなのか~。その答えがここにはありました。この本との出会いが、自分らしく生きるために必要な栄養分を与えてくれました。矢を射る前の矢を引ひている時期を充分に充実させてこそ、射った矢が力強く前に飛んで行ってくれるのですね。

私が力強く射った矢はやがて上田さんに届き、その後、上田さんとのイベントが実現しました。

文庫本で「悪魔祓い」(講談社プラスアルファ文庫)で出ています。

フランクル心理学入門―どんな時も人生には意味がある」 諸富祥彦 コスモスライブラリー

フランクル心理学入門―どんな時も人生には意味がある

諸富会長の本は上田さんの本の少し後に出会った本です。

この本に出会って人生の意味を真剣に考え始め、自分らしく生きること自体がその答えなのだと教えてくれた一冊です。この本がきっかけとなり、諸富会長と知り合い、諸富さん、上田さんと一緒にイベントをする勇気をもらいそして、今ここ(日本トランスパーソナル学会)に私がいるようなものです。



CD「もしも地雷がなかったら」 ウォン・ウォンツァン  SATOWA MUSIC

ウォンさんとの出会いはこのCDからでした。ボスニアの片田舎に住む13歳の少女が地雷について書いた詩にウォンさんが曲を作りました。

このCDを聴きながら「FREEDOM(自由)」について感じてみてください。自由について深く考えてみる良いきっかけになると思います。

ウォンさんとも素敵なイベントコンサートをやらせていただきました。いつ聴いても魂から響いていくるピアノの旋律に心染み入ります。



*画像をクリックするとAmazonで本の詳細をご覧になれます。CD「もしも地雷がなかったら」はサトワミュージックのサイトで詳細をごらんいただけます。