California Institute of Integral Studiesの教授であるケリー博士から次のメッセージをいただきました。

博士は関西学院大学に4月からいらして、5月の末に、東京で講演を企画しています。

意訳========
すべての日本人が私の念頭にあります。私はニュースに釘付けにされています。私はあなたの家族と友人たちのを安全を願っています。私とそして数限りない世界各地の人々は、この状況においても、可能な限りよい結果になるようにと祈っています。

私はこの出来事があっても京都にまずはいきたいとおもいます。(4月1日に、ここから飛ぶことになっています)今は、私が助けにいく事ができないというもどかしさを感じていますが、私の精神はあなたと供にあります。

原文======
I just wanted to let you know how much you and all of the Japanese people are in my heart-mind. I have been glued to the news, of course. I hope your family and friends are safe. I and so many others from my community and all over the world are praying for the best possible outcome.

I am hoping too that I these events will not prevent me from coming to Kyoto (I’m supposed to fly from here on April 1st). I feel I am already there in spirit and only wish I could be doing something to help…

Take good care.

In solidarity,Sean

Sean Kelly, Ph.D.