JAPANESE JOURNAL OF TRANSPERSONAL STUDIES
Vol. 10, July 2008

〈研究論文〉
久保隆司
* 心身アプローチの要としての“二人称”の「癒しの関係性」に関する一考察―ハコミ・メソッドとローゼン・メソッドの統合的分析を通じて―

尾崎真奈美
* つながりに対する気づきから喜びをはぐくむスピリチュアル・ヘルス教育カリキュラム

柿原有一
* 臨死体験からの帰還―「パラドキシカルな統合」の完成― 

〈研究ノート〉
三井純人
* 新約聖書におけるスピリチュアリティとロジャーズ理論―最後の晩餐のストーリーから―

鈴木規夫
* インテグラル思想の課題

甲田 烈
* 論理空間の多次元性に関する研究ノート

久保隆司
* インテグラル理論における左下象限の基礎理解と「二人称」のスピリチュアリティを巡る若干の考察

尾花高志・青木 聡
* 個人の至高体験をグループで話し合うことに関する効果

〈エッセイ〉
兼久 満
* 病から学ぶ―妻が心の病を患う老夫婦の事例研究―

谷 裕子
* 心の旅・師匠との出会い

*以下のリンクからご購入いただけます。