JAPANESE JOURNAL OF TRANSPERSONAL STUDIES
Vol. 6, May 2004

論文
林 貴啓
* 実存とコスモス――フランクルをポストモダンに

甲田 烈
* 〈ことだま〉論――トランスパーソナル言語理論の構想

向後善之
* カルトが暴走するとき

小川裕美子
* 『鶴見和子曼茶羅』におけるトランスパーソナル学――水俣調査と南方熊楠研究

渡辺信也
* 多文化共生の倫理とトランスパーソナル――トランスパーソナル倫理学序論

山上輝郎
* 進化の法則――エントロピーの減少を手がかりに

兼久 満
* ガイア理論の人間観に関する一考察

大平廣昭
* 死にゆくプロセスと対人援助

鈴木規夫
* 危機の時代におけるトランスパーソナル

本宮輝薫
* スピリチュアリティとは何か――救いの諸形式と東洋の古典的合理主義

本宮輝薫
* スピリチュアリティを議論する際に――土着信仰と普遍宗教

エッセイ
井上ウィマラ
* 瞑想から子育てへ――「トランスパーソナル体験の素材作りとしての子育てのあり方」試論

討論
井上ウィマラ・甲田 烈・本宮輝薫
* 「生まれかわり」というテーマについての大討論

*ご購入は在庫があれば可能です。事務局にお問い合わせください。